TSL20SS製品写真 機能説明

スズキ

型式

年式

DIP・SW設定

MRワゴン

MF33S

2011(H23)年01月 〜 

グループA

アルト

HA25V, HA25S

2009(H21)年12月 〜 2014(H26)年12月 

グループA

スぺーシア

MK32S

2013(H25)年03月 〜 

グループA

ハスラー

MR31S

2013(H25)年12月 〜 

グループA

パレット

MK21S

2008(H20)年01月 〜 2013(H25)年02

グループA

ラパン※

HE22S

2008(H20)年11月 〜 2015(H27)年05

グループB

ワゴンR、スティングレー

MH23S

2008(H20)年09月 〜 2012(H24)年08月

グループA

MH34S

2012(H24)年09月 〜 2017(H29)年01月 

グループA

※スズキ・ラパンでは車速が35km/hに達するとドアを施錠(ロック)します。また、AT車は適合未確認。

日産

型式

年式

DIP・SW設定

モコ

MG33S

2011(H23)年02月 〜 

グループA

ルークス

ML21S

2009(H21)年12月 〜 2013(H25)年03

グループA

マツダ

型式

年式

DIP・SW設定

AZーワゴン

MJ23S

2008(H20)年09月 〜 2012(H24)年09月

グループA

キャロル

HB25S

2009(H21)年12月 〜 2015(H27)年01月

グループA

フレア

MJ34S

2012(H24)年10月 〜 

グループA

フレア・クロスオーバー

MS31S

2014(H26)年01月 〜 

グループA

フレアワゴン

MM21S

2012(H24)年06月 〜 2013(H25)年03

グループA

MM32S

2013(H25)年04月 〜

グループA

※本製品によるロック/アンロック動作時には車両の構造上、純正キーレス操作時と同様にハザードとブザー音が連動して動作します。
※適合表のDIP・SW設定グループは排気量、駆動方式等によって異なる場合があります。
※適合車であってもマイナーチェンジ等で車両データが変化した場合は、動作しないことがあります。
※マニュアルトランスミッション車にはご利用いただけません。
※実際の事故では、ドアを開くには意図的か否かに関わらず機械的破壊が必要であるため、電気的なロック、アンロックは影響しません。

適合表アップデート:
2月2日2017年

TSL20SS

軽自動車専用(スズキ、日産、マツダ)・ 車速連動 オート ドアロック システム

適合車種

おすすめポイント

デジタル取付

チラシ
説明書

●TSL20SS(車速ロックON時)には装着車両の急減速を検知すると約9秒後にアンロックする緊急時アンロック機能が付いています。 (輸入車等でも純正採用されている機能です。) ※緊急アンロック機能作動後に、再度車速約20km/hを検知した場合はリロックします。
●あくまでも手動でのドアロック、アンロック操作を補助する装置です。衝撃感応式アンロック機能は装備されていません。
●車両ドアロックを行う条件は、シフトポジションがパーキング「P」からドライブ「D」にされた後最初に車速約20km/hを検知した場合のみです。シフトポジションが「P」に戻されない状態で車内ロックスイッチや手動でアンロックした場合には、その後車速が約20km/hに達してもドアはロックされません。
●検知する車速は、車両のCAN-BUS通信から取得しています。 したがって車両メーターが表示している車速と一致しない場合があります。
●OBDカプラをすでに他社製品等で使用されている場合は、別途オプションパーツもしくは配線加工が必要となります。 また、他社製品と信号が干渉し動作が不安定になる場合があります。
●作動した際、車載テレビの画像に稀にノイズが入る場合があります。これはドアロック時の車両特有のノイズによるものであり本製品を装着したことによる影響ではありません。
●本製品の動作の有無にかかわらず交通事故、盗難被害等の責任は一切負いません。

■ 注意

ホーム > SCIBORG > TSL20SS

SCIBORG Safety Speed Lock

KIRAMEK, Inc.